オフィスビル

設計事務所T社 設計部

予算が限られる中、なかなか施主が納得する意匠の提案ができない…

ALCを使用したビル群と差別化し、要望をすべてクリアした外壁素材とは?

アートミュール

背景

周年記念に、本社ビルを建て替える地元企業の案件を担当することになったT社。いくつかの設計案を考えたうえでビルの建設予定地を視察したところ、周りのビルは外壁にALCを使ったビルばかり。どの建物もT社の設計案に近く、全く目立たないことがわかって…。

課題

大理石やセメント系パネルを使う予算がなく、メンテナンス性にも課題が…

今回は予算や工期が限られていたため、T社の設計部では鉄骨造で、外壁にはALCを使うプランを考えていました。当初、施主である企業もデザインに多少のこだわりを見せたものの、構造や外壁に関しては基本的にT社に委ねる姿勢でした。

ただ、大変だったのはその後です。当時の様子を、設計部のA氏は次のように振り返ります。
「いざ当社の設計士から施主に提案を行ったところ、『もっとカッコいい外観にしてほしい』という要望が追加されました。そのため早急に提案内容を練り直す必要が出てきてしまったのです」(A氏)

そこで設計部では急ぎ別案として、外壁に大理石やセメント系のパネルを使うアイデアを用意することにしました。高級感のある意匠性を演出することができるため、他のビルとの差別化にもなり得ると考えたためです。

しかしすぐに、この案の実現は暗礁に乗り上げてしまいました。理由は二つ。一つは予算が足りなかったこと、もう一つはメンテナンス面において課題が多かったことです。

設計士は焦りを募らせますが最適な提案内容はなかなか決まらず、時間ばかりが過ぎて行きました。

課題のポイント

  • 施主から、建物の意匠性を高めてほしいという要望があった

  • 外壁に大理石やセメント系のパネルを使う案は、予算面とメンテナンス面に課題があった

この課題を解決した方法とは
12