実事例オフィスビル鉄骨造

入江三宅設計事務所 計画設計部

自由なデザインと品質で、老舗企業の思いやこだわりを反映した外壁材とは…

NCフリーデザインパネル

解決のポイント

  • NCフリーデザインによって、求める壁面構成の具体化とコストを抑えられた

  • さらに複雑なモチーフを掛け合わせたデザインが表現可能に

  • ALC特有の目地を目立たなくすることができた

解決

「日本の伝統紋様」のイメージを具現化し、ALC特有の目地問題も解決!

悩んだK氏は、以前ALCの納まりなどについて相談に乗ってもらったことのある旭化成建材の営業担当A氏と話をしてみることにしました。今回の外壁デザインに関する課題について相談したところ、「ヘーベル NCフリーデザインパネル」を提案されたのです。

詳しく話を聞くと、NCフリーデザインは、パネル表面に刃物で切削加工を行う新しいデザインパネルで、直線から曲線まで自由で多彩な表情を作れることが分かりました。

「どのようなデザインが表現できるか打ち合わせを進めていく中、NCフリーデザインを使用すれば、八つの吉祥紋からなる『宝尽くし』のモチーフを用いたデザインを具体化できる目処が立ちました」(H氏)

検討を重ねながらアイデアを詰めていった結果、江戸下町イメージの表現として『霞模様』をデザインに取り込むとともに、めでたさを表した『宝尽くし』のモチーフを掛け合わせる案が出たため、そのデザインを実現するために、旭化成建材からはモチーフに合った複数のデザインを提案してもらいました。
さらにNCフリーデザインなら、この霞模様のデザインを用いれば、ALC特有の目地を目立たなくさせることも可能だったので、当初からの課題もクリアになりました。

こうして入江三宅設計事務所は旭化成建材の協力を得ながら、外壁デザインのパターンを複数作成し、多慶屋様に改めて提案。デザインの細かな修正を何度か行った後、実際のサンプル確認を経て、最終的に多慶屋様側も納得できる外壁デザインを完成することができました。

その後、施工は順調に進み無事に新店舗が完成。素材やデザインから新しさを感じさせる建物でありながら、多慶屋様が長年にわたって大切にしてきたこだわりもしっかり反映されており、顧客や地域の人たちからも好評を得ています。

設計:入江三宅設計事務所
グラフィックデザイン協力:スフィア

※本記事は、当該製品を採用いただく過程で入手した情報を基に、当時の場面を再現したものです。

ヘーベル NCフリーデザインパネルの施工事例

撮影:株式会社川澄・小林研二写真事務所

この課題を解決したソリューション

12